美髪あきらめたくないあなたへ
美の扉を開く

常識って変わっている

美のロゴス

常識

広辞苑には「普通、一般人が持ち、また、持っているべき知識。専門的知識でない一般的知識とともに理解力・判断力・思慮分別などを含む。」とあります。

「最近の人は、休む連絡をLINEでしてくる」なんてこと話題になりましたが、これも常識の変化です。電話してくるのが常識だったのが、LINEで連絡してくるのが常識に変わってきているんですね。

美容の常識もずいぶん変わりました。

以前は保湿、保護、補修、補給などが常識でした。

そのために、その効果を発揮する成分の研究開発によって生まれたものがスキンケア商品やヘアケア商品です。

ケアの語源はcareもしくはcureですが、看護や治療などの意味で、マイナスをゼロに戻すことを目指すものです。

しかし、それで「私の肌、髪、美しくなった!」と実感していた方は、ほとんどいませんでした。

つまり「スキンケア、ヘアケアでは美しくなれない」ということも常識でした。

その結果「何やっても、どれを選んでも、どうせ私の肌は…髪は…」と美にあこがれながらも、あきらめている方が多かったです。

非常識が常識に 常識が非常識に

これからの常識は「人は より美しくなれる!」です。

あなた自身が美しく変わるわけです。

成分重視から あなた自身重視へ 常識は変わります。

「あなたは美しく変わる!」

その新しい常識に、古い常識をあてがうことはできません。

常識は変わっているのです。

あなたが美しく変わるために、あなたの常識も変えてくださいね。

コメント