びょういん行くよりびよういん

美のロゴス

「カウンセリング代も支払わせてください」

って、言われました。

もらっておけばよかったかな(笑)

髪と頭皮は物語る

いつものように、プログレスカラーでお越しいただいたKさま。

いつも2ヶ月半に一度のペースですが、今回、年度末でお仕事たてこんで、3ヶ月近くになってからのご来店。

お仕事での、ご活躍がよく分かる頭皮と髪の様子😅

とある場所の髪がザラザラに

 

美髪家なつめ
美髪家なつめ

「寝てますか?」

「イライラは解消できていますか?」

 

の質問に、

『髪に出ちゃっていますか?』

美髪家なつめ
美髪家なつめ

はい…

そうしたら

まぁ出るわ出るわ(笑)

吐き出すように、大変だったことを色々教えてくれました。

正解はないけれど…

「こうすればいいよ」

そんな氣楽なことは言えません。

その方にしか、わからないことあるし

資質も、氣質も、体質も、環境もちがいますから

ただ、髪に出てしまうような、状況は喜ばしくありません。

美髪家なつめ
美髪家なつめ

もう少し、ご自身の身体と心の声に素直に耳を傾けてほしい

このお願いを、角度を変え、伝え方を変え、施術の間、お話聞きながら、あいまあいまに伝えました。

そして、お帰りの際にいただいた言葉が

「カウンセリング代も…」

嬉しいお言葉です。

もちろん、いただきませんでしたが

心持ちがよろしくなってくれると、身体にも良い反応が出ます。

それが回り回って髪に出てきてくれることを次回お逢いできる時に確かめられたら、すごく嬉しい

不定愁訴

って、ご存知ですか?

詳しくはググってください。

簡潔に言うと

「なんだかよくわからないけど調子悪い」

ってことです。

そんな時は

「びょういん」ではなく、「びよういん」に行ってみることをオススメします。

頭触られるだけでも氣持ちいいですし

髪も整って氣分もよくなります

お話するだけでスッキリすることもあるでしょう

特に、他人で、プライベートのことをよく話せるなんて状況になることってほとんどありませんから、美容室は特殊な環境ですね。

もちろん、安心して髪を任せられる、プライベートのことをしゃべっても大丈夫なところでないと、困りますから、よく選んでくださいね。

髪のデザインをするときだけじゃなく

心地よく洗って、スタイリングしてもらう

それで心身のリフレッシュとリラックスにもなる

結果、髪も美しくなる

そんな、氣軽なメニューも作ろうかな

 

※病気の時は、美容院でなく病院に行ってくださいね※

美のロゴス
この記事を書いたのは
夏目和彰-kazuaki.natsume

美髪家

1972年、神奈川県小田原市生まれ

父方の祖父がタンス職人、母方の祖父が大工という職人家系、父は画家、母は元理容師という個性豊かな家庭に生まれ育つ。

母が理容師、従姉妹に美容師がいたということもあり美容業に興味をもち高校生のころ美容室でアルバイト、そのまま美容師へ。

幼少期、虚弱だった体験と父母が自然療法を好んでいたことから身体と心の働きに深い興味をもち、髪は心身の鏡ということに氣づく。

様々な経験や学びをつうじて、美は、人の内に秘められていると確信。

祖母や父の髪をみて遺伝子を恨むような剛毛・多毛・くせ毛・若白髪、四重苦な髪だった私が自分の髪を好きになり、なぜ美髪家と名乗るようになったのか?

そのノウハウを美しい髪を熱望する方に伝え、自分の髪が好きになれる人が増えるお手伝いをしたい。

そのために美髪体験教室の開催、体験会の開催などおこない普及に務めている。

最近は、妻の影響で登山の楽しさに目覚めた。

美容師免許、管理美容師免許、毛髪美容保健師

小田原市優秀技能者、小田原市青年優秀技能者受賞

夏目和彰-kazuaki.natsumeをフォローする
シェアする
夏目和彰-kazuaki.natsumeをフォローする
森美容室

コメント