年をとったら髪を短くしないといけないの?

よくある質問

こんな質問されました。

年をとったら髪を短くしないといけないの?

質問主は、80歳、ヘアスタイルは、肩につくくらいの長さで緩やかなウェーブヘアをパーマで作っています。

なぜ?そのような質問をしたの

  • 弟嫁さんに「お姉さんの年でそんな長さにしている人居ない」と言われた
  • 同世代のご近所さんが白髪染めをやめた
  • 短くすれば楽になるのかなぁ漠然と思っている
  • 私も、そういうふうにしないといけないかなって思った

とのこと

でも…

老け込みたいんですか?

そもそも

  • 髪のことを、よくホメられる
  • 今のヘアスタイルは、とても好き
  • スタイリングが、とても楽

このようなステキな状況なのに、ナゼ?

美髪家なつめ
美髪家なつめ

「わざわざ老け込むような選択をしたいんですか?」

「そんなのはイヤだ」

それはそうですよね(笑)

なぜ、歳を重ねると髪を短くするのか?

理由はいくつかありますが、一番の理由はズバリ!

髪質が弱るから!!!
髪質が弱ると
  • 細くなる、ハリコシがなくなる
  • 傷みやすくなる
  • つむじ割れ
  • 少なくなる
  • 乾燥する
  • ツヤがなくなる

その結果、消極的な選択として短いヘアスタイルになってしまっていると私は考えます。

髪質が若々しければ

美しく整った髪質なら、わざわざ短いヘアスタイルを選ぶ必要はありません。

ヘアスタイルだけでも、あなたの印象は若々しくも老け込んでも見られます。

美しく整うヘアスタイルには、相応の髪質が必要です。

あなたが、未体験なら信じられないかもしれませんが、この質問をしてくれたお客様は80歳でも、若々しいヘアスタイルを可能にしてくれる髪質になりました。

未体験のまま

知らないまま、過ごすことはもったいない。

知ってから、どうするか判断してみてはいかがでしょうか?

自分の髪質の伸びしろに氣づく、思い出す。

そのスタートに、美髪体験教室への参加をオススメします。

美髪体験教室2.0のご案内
ヘアスタイルがととのうと気分が上がる ●内面的な満足感、肯定感、充足感、優越感、幸福感、重要感などの高まり ●外面的な清潔感、身だしなみ、おしゃれなどの他者評価の高まり あなたの内も外も、ととのうことに役立ちます。 ...
よくある質問美のロゴス
この記事を書いたのは
夏目和彰-kazuaki.natsume

美髪家

1972年、神奈川県小田原市生まれ

父方の祖父がタンス職人、母方の祖父が大工という職人家系、父は画家、母は元理容師という個性豊かな家庭に生まれ育つ。

母が理容師、従姉妹に美容師がいたということもあり美容業に興味をもち高校生のころ美容室でアルバイト、そのまま美容師へ。

幼少期、虚弱だった体験と父母が自然療法を好んでいたことから身体と心の働きに深い興味をもち、髪は心身の鏡ということに氣づく。

様々な経験や学びをつうじて、美は、人の内に秘められていると確信。

祖母や父の髪をみて遺伝子を恨むような剛毛・多毛・くせ毛、3重苦な髪だった私が自分の髪を好きになり、なぜ美髪家と名乗るようになったのか?

そのノウハウを美しい髪を熱望する方に伝え、自分の髪が好きになれる人が増えるお手伝いをしたい。

そのために美髪体験教室の開催、体験会の開催などおこない普及に務めている。

最近は、妻の影響で登山の楽しさに目覚めた。

美容師免許、管理美容師免許、毛髪美容保健師

小田原市優秀技能者、小田原市青年優秀技能者受賞

夏目和彰-kazuaki.natsumeをフォローする
シェアする
夏目和彰-kazuaki.natsumeをフォローする
森美容室

コメント