自分がバカだった

美のロゴス

私は美髪実現を通じて

「自己肯定感」を高めてほしいと願っています。

ただ矛盾しますが

その前に

一度

「自分がバカだった」って思う必要がある氣がします。

あなたの今の髪や頭皮には

今までの

あなたのおこないが反映されています。

●ヘアケア

●ヘアデザインの施術

●生活習慣

●生活環境

●思考回路

これらは

○美容師にいわれたから

○あの人もやっている

○CMでやってたから

なんて言っても

それを選択したのは

あなた自身です。

その結果

髪に対する不満不安として現れています。

認めたくないかもしれませんが

今までのあなたは

「外に外に求めていた自分」

「人のせいモノのせいにしていた自分」

「人や情報に依存していた自分」

「自身を信じず疑っていた自分」

そのようなことありませんでしか?

あなたの「あり方」が変わる

「あり方」が変われば

「やり方」も変わる

その結果、髪が変わる

髪が変わったのは

自身のうちに秘められた可能性

あなたの生命に元々あったもの

それをあなた自身が認めることができれば

自己肯定感は高くなりやすいです。

そのために

美しく変わる髪を確かめながら

自分はバカだったと心の底から思うことで

これから美しくなれるって

あなたに納得してほしい

そのために

まず参加してほしいのが

美髪体験教室です

美髪体験教室のご案内
美髪体験教室の目的あなたの髪に美しく変われる可能性があるか体感すること参加者の声美髪体験教室...
美のロゴス
この記事を書いたのは
夏目和彰-kazuaki.natsume

美髪家

1972年、神奈川県小田原市生まれ

父方の祖父がタンス職人、母方の祖父が大工という職人家系、父は画家、母は元理容師という個性豊かな家庭に生まれ育つ。

母が理容師、従姉妹に美容師がいたということもあり美容業に興味をもち高校生のころ美容室でアルバイト、そのまま美容師へ。

幼少期、虚弱だった体験と父母が自然療法を好んでいたことから身体と心の働きに深い興味をもち、髪は心身の鏡ということに氣づく。

様々な経験や学びをつうじて、美は、人の内に秘められていると確信。

祖母や父の髪をみて遺伝子を恨むような剛毛・多毛・くせ毛・若白髪、四重苦な髪だった私が自分の髪を好きになり、なぜ美髪家と名乗るようになったのか?

そのノウハウを美しい髪を熱望する方に伝え、自分の髪が好きになれる人が増えるお手伝いをしたい。

そのために美髪体験教室の開催、体験会の開催などおこない普及に務めている。

最近は、妻の影響で登山の楽しさに目覚めた。

美容師免許、管理美容師免許、毛髪美容保健師

小田原市優秀技能者、小田原市青年優秀技能者受賞

夏目和彰-kazuaki.natsumeをフォローする
シェアする
夏目和彰-kazuaki.natsumeをフォローする
森美容室

コメント