ここにも犠牲者が

この記事を読むことで

もしかしたらヘアスタイルで損していたこと失敗していたことの原因がわかるかもしれませんよ。

素敵なヘアスタイルの人をナンパ?

先日、初めてお越しいただいたお客様

通常、当店に初めてご来店いただく場合

「美髪体験教室」にご参加いただくことをお願いしていますが

この方

街なかで見かけた人が、「素敵なヘアスタイルしていたから」という理由で

その方に声をかけて、当店を教えてもらったそうです(すばらしい積極性)

「予約ですよ」

って聞いたので、施術のご予約を入れて来てくださいました。

かかっているけど、かかってない

「パーマをかけてほしい」

それが、ご希望でした。

どんなパーマが良いのかスマホの画面を見せてくれたのでイメージしやすく助かります。

いくつか質問をさせてもらうと

気になるキーワードが出てきます

  • かかりが悪い
  • 2ヶ月前にかけたのにかかっていない
  • 髪が濡れるとかかっている
  • ひどく傷んだことがある
  • スタイリングは特にしていない

気安くデザインの仕事を受けないのが私(お客様に商売っ気無いとかいわれる笑)

もう、この5点の話だけでパーマをかけることは選択肢から、ほぼ外れます。

ただ、お客様ご自身が納得しなければ、拒絶されただけって思われちゃうので

  • 今、もったいない過ごし方をしていること
  • カンタンなやり方で、かかっているパーマを活かせること
  • かけることは解決策ではなく髪の負担を増やすこと
  • 問題点がどこにあるのか

そのようなことを、説明し、実際にササッとヘアスタイル作って、自分でもできることを確認してもらいました。

これなら十分

かけなくても、とってもキレイにウェーブが出て十分にご納得いただけたようで良かったです。

ここで、ありがちな対応が言われたとおり素直にかけちゃうこと。

そうなれば、髪の負担は増え、傷みは気になり、かかりは悪く、持ちも良くない。

そのようなことになることをカンタンに想像できます。

このお客様の問題点は「スタイリング」にありました。

同時に「髪質」でも気になっているところがあったので、そちらも取り組みをはじめることに

できるスタイリングなら、それをただしく行うことが一番確実な解決になります。

まずは、3ヶ月を目安に次お会いするのが楽しみです。

あなたのヘアスタイル問題ある?

ヘアスタイルで気になることがある、困ったことがある。

そんな時、何に原因があって、どのような対応をするべきか

ただ、美容室でデザインしてもらえばなんてことすると、痛い目にあうことありますからね。

お気をつけください。

髪のセカンドオピニオンとしても、ご相談お待ちしております。

当店に初めてご来店いただく場合、

美初体験教室へのご参加をお願いしています。

美のロゴス
この記事を書いたのは
夏目和彰-kazuaki.natsume

美髪家

1972年、神奈川県小田原市生まれ

父方の祖父がタンス職人、母方の祖父が大工という職人家系、父は画家、母は元理容師という個性豊かな家庭に生まれ育つ。

母が理容師、従姉妹に美容師がいたということもあり美容業に興味をもち高校生のころ美容室でアルバイト、そのまま美容師へ。

幼少期、虚弱だった体験と父母が自然療法を好んでいたことから身体と心の働きに深い興味をもち、髪は心身の鏡ということに氣づく。

様々な経験や学びをつうじて、美は、人の内に秘められていると確信。

祖母や父の髪をみて遺伝子を恨むような剛毛・多毛・くせ毛、3重苦な髪だった私が自分の髪を好きになり、なぜ美髪家と名乗るようになったのか?

そのノウハウを美しい髪を熱望する方に伝え、自分の髪が好きになれる人が増えるお手伝いをしたい。

そのために美髪体験教室の開催、体験会の開催などおこない普及に務めている。

最近は、妻の影響で登山の楽しさに目覚めた。

美容師免許、管理美容師免許、毛髪美容保健師

小田原市優秀技能者、小田原市青年優秀技能者受賞

夏目和彰-kazuaki.natsumeをフォローする
シェアする
夏目和彰-kazuaki.natsumeをフォローする
森美容室

コメント