お手紙

森美容室に通うようになって、もう3年になります。

同窓会で久しぶりにあった大山さんの髪が、ツヤツヤでとてもキレイで
「どうしているの?」と聞いてみたのがきっかけでした。
次の日には、紹介の連絡してもらって、すぐに行きたいってお願いしましたよね笑
行けたのは10日ほど経ってからでしたけど

そのころの私は
枝毛が目立ち、パサついてツヤもハリもない頼りない髪…。
抜ける髪も増えた氣がして母のような頭になるのではと不安でした。

まとまりにくい日は出かけるのもイヤ
透けているって言われたらと思うと人に会うのもイヤ
鏡を見るのもイヤ
髪にストレスを抱える毎日でした。

今となれば
どうにかしようとしていたことも髪には良くなかったんだと実感しています。
髪がまとまりにくいと、髪が傷んだんじゃないかと思っていました。
その結果、さらに傷めていたなんて…。
パーマをかけてみたり、氣にいらないとすぐに落としたり
そいでもらえばどうにかなるんじゃないかと、そいでもらったり
でも、それで良かったのはほんの数日
あとはオイルでおさえたり
スプレーで固めたり
自分の元の髪がわからなくなっていました。

今では髪のこと氣になることがない

ささっと形良くまとまるし
ツヤがあるのはあたりまえ
ハリコシもしっかりして氣になっていたツムジもばっちりです。
嬉しくてつい鏡を見たり
気持ちいいので、ついつい触っています。
友だちにも「髪キレイだよね」って言われるようになりました。
本当に感謝です。
あの日、行った自分をホメてあげたいです。

一番最初に行った時におどろいたのが髪の話をとても聴いてくれること!
私が困っていた髪のことをひとつ話すたびに
何が?
どういう時?
どうして?
どうなりたい?
自分でも氣づいていなかったようなことに氣づけました。

初めての体験はビックリ!

ウソみたいにツヤが出て、おさまって、手触りもスゴくて
しかも、ブラシも使わず、髪を引っ張られるようなこともないのになんで?
手触りもスゴくよくて髪ってこういうのだったんだ。
こんな髪が私にあったなんて、もったいない過ごし方をしていたんですね。
もっと早く来れば良かったのに!

それから、頭を触っただけで体調のこととか、イラッとしたこととか聞かれたのはビックリしました。
今でも、毎回はじめに触ってくれてチェックしてくれますが、内心叱られないかとドキドキしていますよ笑
よく言われる「髪は心身の鏡」は本当にそのとおりですね。
カットしてもらうつもりで行ったのにカットしてくれなかったり
やってほしいってお願いすることしてくれなかったり…。
商売っ氣がないの?って思っていましたけど、そうではない理由が髪にあったんですね。

教えてもらって氣づけばカンタンな答えでした。
わたしの髪質が美しくなる。
しかも、それは私がもっている可能性だと
髪質は生まれつきのもの、しかも年齢のせいで変わってしまったもの
良く変わるわけがないと思い込んでいました。
今、身をもって髪は変わるんだと実感しています。

「あなたは天才なんですよ」

面と向かって言われた時は恥ずかしかったですが
スゴく嬉しくありがたい言葉でした。
初めのころは信じきれず
シャンプーの新しいCMを見たりすると心がゆれたり
あきらめがちでしたが
そのたびに私が感じていない変化を教えてくれたり、はげましてくれたり
応援のおかげと、それほど大変でないお手入れ方法が続けやすかったです。

「習慣化、習慣化と頭のなかでつぶやいています笑」

時には私の髪の変化を私以上に喜んでくれたり
良くない時は自分のことのように心配してくれたり
髪のことだけでなく、まるでセラピーを受けているようです。
今の髪が今まで生きてきた中で一番良いです。
あれこれやっていたことがウソのようにシンプルな過ごし方ができています。

この間なんて、そちらに行く途中に偶然会った友だちに「美容室行ってきたの?」って聞かれて
「これから行くところ」と答えたら
とてもおどろかれたりして嬉しかったです。
外にもとめる必要はなく自分自身に豊かな可能性がある
髪が変わったことで心まで変わったようです。
もっともっと髪美しくなると思うとすごく幸せです。
これからも、よろしくお願いします。

夏目より

あなたが今、束縛されている常識から開放される楽しさ

自分は美しく、かけがえのない存在だと氣づく喜び

自然の理を享受し心身ともに存分に美を引き出す幸せ

近い将来あなたからも、このようなお手紙をいただける日が来ることを楽しみにしています。

あなたの髪は変わるのか体感してみませんか?

※お客さまからいただいたお声をもとに編集したものです。感想は個人のもので効果を保証するものではありません。